アプリで深まる生徒とのコミュニケーション|スクパス導入事例

導入事例

はれるやイングリッシュクラス

アプリで深まる生徒との コミュニケーション。 利便性を味方に しっかりと成果を出していく。

導入の決め手は「シンプルでありながら必要な機能が揃っているから」

去年の春から、小学生の対面レッスンに加えて、中高生のオンラインコースがスタートしました。 そのため、生徒とのコミュニケーション、指導報告書、受講料の請求などの運営業務効率化が課題でした。 実は他社さんを検討していましたが、スクパスさんを知り、シンプルでありながら必要な機能が揃っていると感じました。 インターフェースもわかりやすく、保護者の方にとっても使いやすいと判断して導入しました。

要望した機能、指導報告書の「まとめて作成」が便利です

たくさんの機能がある中で、指導報告書、予約管理が特に使いやすいと感じています。 中でも指導報告書の「まとめて作成」機能。これは要望を出したものでもありますが、今まで同じものを一人一人に送っていた手間が省けて、大変助かっています。 お知らせ機能もどんどん使い勝手が良くなっていますね。

「ログインさえすれば必要な情報が集約されている」利便性

スクパスはアプリなので、メールだと分散して見失いがちな情報が、ログインさえすれば集約されています。これは保護者さまにとっても便利なのではないかと思っています。 またコーチングではクライアント(中高生)さんとのコミュニケーションが極めて大切です。 スクパスを活用して、顧客にとっての利便性を高め、しっかりと成果をお出しできるサービスを提供していきたいと考えています。 これからも「英語が得意!と笑顔で言える小中学生に」をキャッチフレーズに、教室運営とコーチングの両輪で走っていく考えです。

はれるやイングリッシュクラス

英語教室

小学生、中高生を対象とした英語レッスンを実施しています。 「英語はトレーニング」というポリシーの元、全コース多読・多聴を重視し、小学生であればリスニングに強く、発音がきれいに。中高生であればリーディングスピードが上がり、長文に強く。テストや受験で優位に立てる力を数ヶ月で養成します。 「Tadokuルーム」というオンライン自習室を活用した学習の習慣化にも注力しています。