【ご要望にお応えしました】塾管理システム「スクパス」入退室滞在ランキングに対応しました

新着情報

【ご要望にお応えしました】入退室滞在ランキングに対応しました

日頃より塾管理システム・スクール教育施設向けICTシステムの 『スクパス/SCHPASS』をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、お客様からの声にお応えして、次の機能をアップデートいたしました。

入退室滞在時間ランキング

schpass_20220912

課題

「入退室の滞在時間を集計してランキングを出せないでしょうか?」

こんな質問がスクパスサポートデスクに届きました。

日々の入退室記録には滞在時間も保存されていて、 入退室履歴から見ることが可能です。

さらにCSVエクスポート機能もありましたので、 CSVにエクスポートしてしまえば加工も好きにできるので入退室管理に関しては 特に追加の開発予定には入っておりませんでした。

そもそも、ランキング? 週に何コマ、何時間授業を取っているかは生徒それぞれだと思いますので、 一体ランキングは何に使うのだろうと思い、お客様に詳しくお話を聞いてみました。

要望をいただいたお客様の塾では、通常授業の他に、常に自習室が空いていて、 生徒は好きに自習室を使うことができます。 その自習室で勉強していた時間もカウントして、毎月ランキング形式で 塾内に掲示し、生徒の頑張りを褒めたり、競い合ったりしているとのことでした。

なるほど! 毎月行っている業務であれば、スクパスで効率化ができるかもしれません。

ということで早速開発チームとも相談し、開発に着手しました。

課題解決

月の滞在時間のランキングはもちろんのこと、週ごとにも出せるようにしました。

リリースし、お客様に報告したところ大変喜ばれておりました。

この話には続きがあります。

別のお客様からも感謝の言葉をいただきました。

「滞在時間ランキングを塾内に掲示したところ、  生徒自身も思っていた以上に勉強していることに気づけたり、  仲良しの友達がこんなに勉強しているから自分も頑張らないと、と思ったりと、  結果として夏休みの自習時間が伸びた生徒が多くいます。  生徒のモチベーションを上げる機能として素晴らしいです。」

こちらこそありがとうございます。 色々な形態の塾・スクールがある中で、 特定の方向でしか物を考えられていなかったことを反省です。

お客様からまた気づきを与えていただき、スクパスはより良い方向に進化しました。

まとめ

色々な形態の塾・スクールがありますが、 皆さん共通してるのは 生徒の成績を上げること

を目的としていると思います。

では、スクパスにはなにができるでしょうか? スクパスは、 塾・スクールの価値を上げる管理システム

としてこれからもお客様とともに進化していきたいと思います。

この改善で、日々の業務がより簡単になることを願っております。

本件に関するお問い合わせは、 下記までお願い申し上げます

メールschpass@yournet-jp.comお電話055-935-6969(平日9:00~18:00)