請求書の管理画面が新しくなりました!|スクパス
スクパス

塾・スクール・教育現場をDX化!連絡&管理システム

新着情報

請求書管理画面が新しくなりました

日頃より塾管理システム・スクール教育施設向けICTシステムの
『スクパス/SCHPASS』をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、次の機能をアップデートいたしました。

請求書の管理画面が完全リニューアル!!

新しい管理画面へ

「旧請求書のご利用可能期限」を迎え、2024年1月より、請求書管理は新しい管理画面へと完全移行いたしました。旧請求書をご利用いただいていたお客様は移行作業にご協力いただきありがとうございます。
さてこの度、新しい管理画面にリニューアルいたしました請求書管理ですが、当然のことながら旧管理画面に比べ、操作性が格段にパワーアップしております。
ここでは大きく変わった2点について、ご案内させていただきます。

複数の請求書に対し一括操作が可能に!

今までの請求書管理では請求書を作成後、個別に請求書の内容を変更したり削除したりを行っておりました。複数の請求書に対し同じ変更を行う必要がある場合も、一件一件手作業で操作して変更する必要がありました。
しかし、新しい管理画面ではそんな手間は不要です。
変更したい請求書を選択し、「一括操作」からやりたい操作を選ぶだけ!
一括操作できる内容は以下になります。
ーーーー
・PDF保存/印刷
・送信
・発行日変更
・支払期限変更
・タイトルを変更
・品目を追加
・定期発行に変更
・CSV出力
・CSV出力(明細つき)
・未請求に戻す
・入金日変更
・領収書発行
・削除
・決済用データ(口座)CSV出力
・決済用データ(カード)CSV出力
ーーーー
今まで個別の詳細画面から一つ一つ行っていた上記の操作は、請求書一覧の画面から、
チェックを入れて操作内容を選択→(入力)→【一括操作】ボタンをカチッとするだけ!
一瞬~ほんの数分の作業で複数の請求書の操作が完了します。
チェックを入れた請求書にのみ操作が適用されるので、操作不要な請求書は任意に省くことができます。

自動作成する(定期発行)

中でもイチオシの機能が、上記一覧でも強調しました「定期発行」です。
この機能は、旧管理画面で毎月手動で行っていた【自動計算して次回分を作成】を、システムが自動でやってくれる優れものです。
毎月同じ内容で請求書を作成する場合は、請求書の”種類”を「都度」から「定期」に変更します。
「定期」に設定された請求書は、毎月自動で同内容の請求書が作成されるようになり、前月と同じ内容の請求書を毎月繰り返し発行できます
作成時にうっかり定期にし忘れてしまった請求書が複数あっても、一括操作があれば変更も簡単です。
とても簡単で便利な請求書の自動作成(定期発行)をぜひご活用ください!
その他のメニュー・機能につきましても、新しい管理画面は見やすく操作しやすく改善されております。

まとめ

いつもスクパスをご利用いただきましてありがとうございます。
皆様からの貴重なご意見・ご要望を真摯に受け止め、検討し、
常に改善を行っていくことで、使いやすいシステムを提供できるよう努めてまいります。

スクパスは、塾・スクールの価値を上げる管理システムとして
これからもお客様とともに進化し、そして塾・スクール運営の業務を効率化させ、
先生たちが本当にするべきことに注力できるような環境を作り上げたいと思っております。

この改善で、日々の業務がより簡単になることを願っております。