指導報告書の操作権限を細かく設定できるようアップデート|スクパス
スクパス

塾・スクール・教育現場をDX化!連絡&管理システム

新着情報

【ご要望にお答えしました】他の講師が作成した指導報告書を閲覧できないよう設定ができるようになりました

日頃より塾管理システム・スクール教育施設向けICTシステムの
『スクパス/SCHPASS』をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、お客様からの声にお応えして、次の機能をアップデートいたしました。

自分が作成した「指導報告書」のみが表示できます。

これまでの課題

スクパスで多くのお客様に使っていただいている機能の1つに、「指導報告書」があります。

指導報告書では、
今日はどのような授業を行い、どのように取り組んでいたのか、実はここが苦手であるなど細かく授業の様子を記入することが可能です。

また、保護者様からの返信もできるのでコミュニケーションが苦手という方でも気軽に使っていただいておりました。

そんな使いやすい「指導報告書」ですが、講師様それぞれが作成した報告書は管理者様や
他の講師様に閲覧ができるようになっていました。
プライバシーについて厳しくなっている時代において、「指導報告書の閲覧」についても
度々声が寄せられるようになりました。

課題解決

今回貴重なご意見をいただき検討した結果、
*「他の講師様が作成した指導報告書を閲覧できないように」*する設定が可能になりました。

手順
1「指導報告書」
2「設定」
3スクロールし一番下の「講師アプリ設定」から
「他の指導報告書を閲覧許可するか・しないか」で「許可する」

この手順で閲覧するか・しないかが選択できます。

まとめ

お世話になっております。
この度は新着記事に目を通していただきありがとうございます。
日頃より、様々なご意見・ご要望をいただきますがやはり全てを対応するというのが実現できず大変残念に思っています。

その中でお客様の言葉を真摯の受け止め、常に改善を行っていくことで、塾管理システム
スクール管理システムとしてさらに使いやすいものになっていくと思います。

スクパスは、
塾・スクールの価値を上げる管理システムとして
これからもお客様とともに進化してしていき、昨日よりも使いやすい塾管理システムとして進んでいきます。
この改善で、日々の業務がより簡単になることを願っております。